teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助 youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]


朝日新聞5月27日(火)~新聞広告企画「社会福祉士が変わる」

 投稿者:事務局  投稿日:2008年 5月27日(火)12時20分24秒
  朝日新聞全国版(約800万部)~西部版(九州他)5月27日掲載広告のご案内

「社会福祉士という資格をなるべくわかりやすく国民に知っていただく」という観点から、実際に社会福祉士として活躍している4名のソーシャルワーカーにご協力いただき、仕事の内容を紹介するとともに、今般の制度改正で何が変わったのかを紹介しています。
 
 

再入会について

 投稿者:事務局  投稿日:2008年 5月15日(木)11時32分16秒
  再入会はできますし、入会手続きは同じです。会員番号は新しい番号になりますが。  

ちょっと質問です。

 投稿者:ある男メール  投稿日:2008年 5月14日(水)06時28分34秒
   自身の都合により、社会福祉士会を退会した場合、暫くしてから再入会する事は出来るんでしょうか?  

報告書のご案内

 投稿者:事務局  投稿日:2008年 5月12日(月)12時35分48秒
  平成19年度障害者保健福祉推進事業
「障害者相談支援の地域包括支援センターにおける展開と課題に関する調査研究報告書」
                         (社)日本社会福祉士会

 第1章 調査研究の目的
 第2章 一体的運用を行っている市町村調査
 第3章 900市町村調査
 第4章 ヒアリング調査
 第5章 結論

*掲示板でご紹介しております報告書等は貸出可能ですので、ご希望の会員の方は
 事務所までご連絡ください。
 

長崎県社会福祉士会 平成20年度総会出欠届けについて

 投稿者:事務局  投稿日:2008年 5月 7日(水)14時00分2秒
  4月に会員のみなさまへお送りしました「平成20年度総会・研修会開催案内」は
ごらんいただけましたでしょうか。同封の返信用はがきに出欠ご記入の上
5月15日までに必ずお出し下さい。よろしくお願いいたします。
 

報告書・研究誌等のご案内

 投稿者:事務局  投稿日:2008年 4月15日(火)12時54分43秒
  1.財団法人 全日本ろうあ連盟
  平成19年度「聴覚障害者の相談の資格・認定に関する調査研究及び
  聴覚障害者相談支援へのケアマネジメント等の研修」事業報告書

2.(社)北海道社会福祉士会
  平成19年度 北海道社会福祉士会研究誌「道しるべ」第1号
   掲載論文 「中山間地域における独立型社会福祉士の活動への期待」
        「医療的ケアを必要とする子どもの就学について
          ~道内180市町村へのアンケートによる実態調査~」
        「道北圏における社会福祉士の基本的属性と実態に関する調査研究」

3.(社)北海道社会福祉士会
  「北海道社会福祉ハンドブック2007」

4.(社)日本社会福祉士会
  「社会福祉士の倫理綱領・行動規範」伝達研修 報告書(2008年3月)
 

研修会して欲しい!!

 投稿者:どこかのMSW  投稿日:2008年 4月13日(日)23時49分0秒
  本日、私は、日本医療社会事業協会主催のセミナーに参加してきました。他県では、『退院調整加算』についての、セミナーを実施しているようですが、当協会ではおこなわないんでしょうか?任意でもいいので、集まって情報交換などを希望したいです  

早速の、

 投稿者:ある男メール  投稿日:2008年 4月 9日(水)07時42分10秒
  ご返事ありがとうございました。今後の活動の参考にさせて頂きたいと思います。  

専門分野別研修について

 投稿者:研修委員会  投稿日:2008年 4月 8日(火)14時43分23秒
  日本社会福祉士会の生涯研修制度についてのお問合せに回答いたします。当会の研修制度は3段階になっています。①基礎研修過程(当会の仕組みや倫理等の基本的なことを学ぶ)②共通研修過程(3年ごと更新。研修計画を作成し目標をもって自己研鑽。また研修センターもサポートします。認定証を発行しているので評価可能)③専門分野別研修(特定分野の専門性を磨くための研修)
ご質問の通り、専門分野別研修は、基本的に共通研修過程修了者になります。しかし、それぞれの専門分野別研修には対象者の条件があり、支部推薦者や何年以上経験者等で受講資格が取れる場合もありますので、募集要件をよくご覧下さい。
 また、共通研修終了証明書のメリットですが、専門職団体として15年の若い団体のため社会的認知や功績といった面で評価はまだまだ低く、また会としてもメリットを充分に生み出しきれていないと思います。しかし、成年後見や地域包括、その他専門職として活躍する機会が増え、社会的役割も期待されている現在、社会福祉士として評価される時代が必ず訪れます。社会福祉士が評価される時、その情報の一つとして自己研鑽している社会福祉士かどうかは問われるでしょう。
研修制度とは、研修を積み自己研鑽する社会福祉士がいて、それを専門職団体としてサポートし、それを認定している仕組みです。対外的に評価できる仕組みは専門職団体として必要不可欠であり、他の専門職団体も独自の仕組みをもっています。
 社会福祉士会に所属している意味やメリットは、これからも生み出し続けていかなければなりません。会の偉い誰かがメリットを作るのではなく、日々の実践、自己研鑽、評価される仕組み、アピール等を続けていく事こそ大切だと考えています。みなさん一人一人の力の積み重ねです。共通研修過程終了証明書は、その積み重ねの一つだとお考え下さい。
 

専門分野別研修過程について

 投稿者:ある男メール  投稿日:2008年 4月 6日(日)20時21分25秒
  「共通研修過程」を終了後「共通研修過程終了証明書」を申請し、それを取得しておかないと「専門分野別研修」は受けられないのでしょうか?また、「共通研修過程終了証明書」を取得した場合のメリットは何かあるのですか?教えて頂ければ幸いです。  

レンタル掲示板
/10