teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助 youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]


お疲れ様でした

 投稿者:足立弘明(名羽会 幹事長)  投稿日:2017年 8月17日(木)11時43分58秒
  まず、七帝戦での奮戦、お疲れ様でした。
男子は5位で久しぶりに下位を脱出しましたので、来年以降は上位を目指して練習して下さい。女子は、3位の九大に勝ちながら総合4位と惜しい(直接対決を優先すべき)結果になったようです。
夏の暑い時に勝てるようになるためには、体力が必要です。現在の練習は以前よりもランニングの量が減っていますので、練習にランニングを入れて、とりあえず体力は他大学よりも自信ある、というようなレベルを目指してトレーニングを行って下さい。特に1,2年生の頃にこういったトレーニングを行って身体を作っておくことがその後の飛躍につながります。頑張って下さい。
 
 

今後に期待します

 投稿者:山﨑実興(名羽会会長)  投稿日:2017年 8月16日(水)18時03分2秒
  現役の皆さん、お疲れ様でした。初日応援に行った時は男女共勝って「これは、ひょっとしたら3位以内にはいけるかも!」と期待しました。結果はもう一つでしたが、この七大戦で学んだことを糧に競技力アップに励んでください。  

七大戦男子結果報告

 投稿者:大場  投稿日:2017年 8月16日(水)11時20分33秒
編集済
  1位 九州大学
2位 東北大学
3位 大阪大学
4位 京都大学
5位 名古屋大学
6位 北海道大学
7位 東京大学
となりました。名古屋大学は5位でした。

応援や差し入れをしてくださった方々本当にありがとうございました。
 

七大戦 6日目男子 結果報告

 投稿者:大場  投稿日:2017年 8月16日(水)11時15分32秒
編集済
  今日は守山スポーツセンターで東北大学と対戦しました。

D1 柘植 小野 0(10-21 15-21)2 篠原 五十嵐
D2 箭原 長谷川 0(15-21 14-21)2 中川 長谷川
D3 榎本 大河内 0(18-21 15-21)2 平山 西村
S1 小田垣 0(16-21 16-21)2 長谷川
S2 榎本 0(17-21 18-21)2 西村
S3 柘植 () 中川
S4 大河内 () 盛戸
S5 小野 () 平山
S6 榊原 () 天海

D1
ロブをあまり使わずにハーフ球やヘアピンを多用して低い展開にしてくる相手で、普段なら上がってきそうな場面で低く打たれて逆にこちらが上げてしまってチャンスを与えてしまった。スマッシュレシーブも前衛に捕まったり中途半端に上げて打ちこまれてしまった。相手ができるだけ前でスマッシュをレシーブしようとしている中こちらは退いてレシーブしようとしていたので、その差がでた印象があった。

D2
ドライブ勝負になった時にスピードで負けてしまいこちらがミスをしてしまうことが多かった。また、攻めこまれた時に、レシーブが低くなってしまいそのまま相手のペースで攻撃されて決められるという場面も目立った。ただ、サイドへのスマッシュからの攻撃はよく決まっていたのでもっとサイドを狙っていくと良かったかもしれない。

D3
低い展開を好む相手で序盤はこちらが先に上げてしまって攻められ、こちらもそれに対応しようとドライブで攻めようとしたがミスが出てしまった。1ゲーム目の後半はレシーブからトップアンドバックになって攻撃に切り替えることができていたが、2ゲーム目以降こちらのパフォーマンスが落ちてしまって最後まで自分の力を出し切って戦うことができなかった。

S1
相手が後ろにはっていたのでドロップで体勢を崩して強打で決める、というパターンで多く得点できた。しかし、右奥へのアタックロブをうまく処理できずに甘いドロップになってしまった時にクロスにヘアピンを打たれ、相手のペースになってしまうことが何回もあった。

S2
ゆっくりしたラリーを展開する相手で1ゲーム目の序盤はそのペースに合わせてしまって先にミスが出たりロブが甘くなって叩かれたが、後半スピードを上げてラリーして早いタイミングでのカットやリバースが効いていた。また、高いクリアと低いクリアを混ぜて使って揺さぶれた。2ゲーム目はラリーで粘ることができ、また相手より速く動けていたがミスが減らなかった。試合を通してバックアウトが多く調整したかったのと、相手の前への詰めがそれほど速くなかったため前への球をもう少し混ぜたかった。
 

七大戦 女子結果報告

 投稿者:山中  投稿日:2017年 8月16日(水)08時55分9秒
  1位 北海道大学
2位 東北大学
3位 九州大学
4位 名古屋大学
5位 大阪大学
6位 京都大学
7位 東京大学
となりました。名古屋大学は4位でした。

応援や差し入れをしてくださった先輩方、ありがとうございました。
 

七大戦 6日目 女子結果報告

 投稿者:山中  投稿日:2017年 8月16日(水)08時38分10秒
  名大3-1京大

D1 竹中 辻 2(21-7 21-5)0 坂口 堀場
D2 河本 重村 2(21-18 10-21 21-19)1 若宮 小松
S1 山中 0(12-21 20-22)2 若宮
S2 辻 2(21-10 21-13)0 坂口
S3 竹中 () 堀場

D1
勝てたもののペースが相手の速さに合わせてる感じだった。あまり相手から厳しい打球が返ってこなかったため、ラリーの中で崩して空いたスペースに落としていくパターンでポイントが取れていた。浮いた球はしっかり打てていた。

D2
初めは足があまり出ていなかった。特にフォア側。サーブは良かった。レシーブが浅めだったのでもっとしっかり上げて、コート全体を使っていきたい。二人の真ん中を狙われてポイントがとられることが多かった。

S1
相手が奥までしっかり返してきたときに拾えてないことが多かった。もう少し足をちゃんと入れて、拾ったほうが良い。連続失点の時に早めに流れを切りたい。

S2
相手をうまく前後に動かせていた。終盤にミスが少し増えたものの、全体としてはいつも通りの動きができていて、よく相手を見れていた。
 

七大戦 6日目 女子速報

 投稿者:山中  投稿日:2017年 8月15日(火)14時33分48秒
  名大3-1京大
勝ちました
 

七大戦 6日目男子 速報

 投稿者:大場  投稿日:2017年 8月15日(火)12時12分15秒
編集済
  名大 0-5 東北大
負けました
 

七大戦5日目男子結果報告

 投稿者:畑野  投稿日:2017年 8月15日(火)00時22分9秒
  今日は守山スポーツセンターで七大戦5日目が行われ、東京大学と対戦しました。

名大 5-2 東大

D1 箭原 長谷川 2(21-19,18-21,21-16)1 青木 大森
D2 大河内 榎本 2(21-17,13-21,21-14)1 佐道 牛留
D3 柘植 小野 0(8-21,14-21)2 濱野 福田
S1 小田垣 0(15-21,19-21)2 後藤
S2 小野 2(22-20,11-21,21-17)堀川
S3 大河内 2(23-21,15-21,21-17)佐道
S4 榊原 2(21-10,16-21,21-17)1 土井
S5 榎本 (9-11)井上
S6 柘植 () 濱野

D1
二人とも自分たちが攻めれるところでネットに引っかけたり打ち損ねたりもったいないミスが何度か見られたが相手も同じようなミスを何度もしており接戦ではあったが1ゲーム目はとれた。2ゲーム目になっても同じようなミスが続いてしまい惜しいところまでいったがとられてしまった。ファイナルでは途中まで接戦だったが最後に流れに乗れ、攻めるところは攻めきれてよかった。

D2
1ゲーム目は、序盤はこちらの動きが鈍い印象があって、ミスも出ていたが、インターバル以降動きが良くなり大河内が前に落として榎本が後ろで強打という形を多く作ることができた。2ゲーム目は再び動きが鈍くなった印象があって、反応が遅れて逃げの高い球を多く打ってしまった。ファイナルゲームはスピードを上げて、こちらから攻めていき、クロスレシーブで揺さぶったりレシーブを落として上げさせるなど、レシーブからチャンスを作れた。

D3
1ゲーム目は相手のスマッシュの精度が良く、ドライブレシーブや前に落とすことができずに連続でスマッシュを打たせてしまうようなレシーブをしてしまっていた。2ゲーム目は前に落とすレシーブから積極的に前に出ていきこちらが縦になって攻めるシーンが増えたのが良く、サーブ周りの2、3球目を前衛がストップすることが増えたのも良かったが、ロブを高く上げてしまって打ちこまれることがあったので、速く前に詰めてハーフ球を入れたりしてみたかった。

S1
1ゲーム目は序盤ミスが多かったりロブが浅かったりしてとられてしまった。2ゲーム目は狙いすぎてミスをすることがたまにありはしたが、それ以上にいいコースに打てていて差をつけれた。しかし、後半から相手のうまい配球に翻弄されギリギリのところで逆転されてしまった。

S2
1ゲーム目の序盤は、こちらの体勢が悪いときに打つ球が左右に散らず相手が楽に球の下に入れてしまっていた。だが、簡単に相手に点をあげずラリーで粘ることができそれが相手のミスを誘っていた。2ゲーム目は積極的に攻めていったがスマッシュやプッシュでミスが出てしまい、途中からファイナルゲームを見据えて相手の体力を削るため攻め球を控えラリーをすることに重きを置いた。ファイナルゲームは試合の中で精度が上がっていったスマッシュが1発で決まることが増え、ロブの精度が上がって相手に攻めさせなかった。こちらが20-10でマッチポイントを迎えたあと相手の動きが良くなって連続で失点したが逃げ切ることができた。

S3
強い相手であり、1ゲーム目は少し狙いすぎてミスをして差をつけられ先にリーチをかけられてしまうも、うまい配球で相手をゆさぶり巻き返せた。2ゲーム目は終始接戦で惜しくもとられてしまったが、ファイナルはなんとか押し切れた。全体を通して、少し奥に追い込まれた時のクリアが浅くなってしまっていた。一方で、クロスのスマッシュが冴え渡っており相手はまともにさわることもできないことが多かった。

S4
1ゲーム目はこちらが相手より速く動けていて相手の対応が遅れており、ミスも多かったため好きなようにプレーできていた。2ゲーム目からは相手もフットワークを速くしてきてこちらのアドバンテージがなくなり、また、スマッシュレシーブがストレートのコースにいくことが多くそれを読んでいた相手にプッシュされてしまった。ファイナルゲームはお互い甘い球は逃さず攻撃していき、激しい展開となったがその中でこちらが粘りを発揮し、相手に先にミスさせることができた。また、スマッシュレシーブをしっかり沈められ、連続で攻めさせなかった。

※メンバーチェンジ戦は行われませんでした。

明日は守山スポーツセンターで午前中に東北大学と対戦します。

 

七大戦 5日目 女子結果報告

 投稿者:山中  投稿日:2017年 8月14日(月)23時38分59秒
  名大0-3北大

D1 河本 重村 0(13-21 15-21)2 高桑 幸村
D2 竹中 辻 0(9-21 18-21)2 北原 高山
S1 重村 0(10-21 15-21)2 北原
S2 山中 () 幸村
S3 辻 () 高山

D1
ラリーがよく続いていたが、相手がフォア側を狙ってきたときにレシーブができていなかった。どんどんラリーのペースが相手の攻撃に合わせて速くなるのはいいが、その速さで攻められたときに防ぎきれてない面もあるので、ロブの高さなどを調節して自分たちのベストなペースを崩さないようにしたい。2セット目は焦りからか前衛でもレシーブでもセットを通してアウトが多かった。

D2
相手のスマッシュにも対応して粘ってラリーが続いていたが、そのラリーをアウトやヘアピンのミスなどで落とすことが多かったのはもったいなかった。前に落とすショットが浮いて前衛で打ち込まれていた。2セット目は相手をしっかり動かせていて、相手のミスも誘いながらよく攻めれていた。ロングサーブのミスが結構あった。

S1
相手のサイドへのスマッシュはよく決まっていて良かった。ヘアピンの精度がよく有利な展開に持っていけた。積極的に攻撃を仕掛けたときにポイントが取れていた。ロブにあげていたが、踏み込めばネット前で打ち込めそうな打球が何度か返ってきていたので、できれば思い切ってしっかりプッシュで決めたい。後半になるとアウトが増えてきて、決め球のミスもあった。焦りすぎず落ち着いてやり切りたい。よく粘れていた。

オープン戦
長谷川 新谷 1(18-21 22-20)1 杉田 村上
長谷川 山中 2(21-18 21-14)0 新谷 長峰

明日は午前に京都大学と対戦します。
 

レンタル掲示板
/122