teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助 youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]


七大戦最終日 女子結果報告

 投稿者:Y.S  投稿日:2019年 8月24日(土)00時55分39秒
編集済
  報告が大変遅くなってしまい、申し訳ございません

名大VS東北大

D1 辻・山中 2(21-10 21-13)0 松本・牛木
D2 八塚・野々垣 0(11-21 5-21)2 近藤・本巣
S1 八塚 0(21-23 15-21)2 工藤
S2 辻 1(19-21 21-19 5-21)2 近藤
S3 山中 (18-15) 松本         打ち切り

1-3で負けました


D1
全体的に攻めれていて、レシーブでもバック奥に押し込めていたのが効いていた。お見合いやネット、アウトのミスで2ゲーム目の後半初め5点連続失点したのがもったいなかった。

D2
ドライブが多かったが、そこでネットミスしたり不意に落とされたりが多かった。チャンスになるようないい流れに持って行けても、アウトやネットの自分のミスでそのチャンスを逃していることも多く、もったいなかった。

S1
ドロップなどの攻めが良かった。スマッシュも決まっていたが、アウトが多かったのと、2発連続の時準備できてない感が出ていたのが惜しかった。バックに落とされることが多かった。

S2
すごいレベルの高いんであろうラリーが続いていた。サイドすれすれのスマッシュが決まっていて、特にバック側へのは効いていた。3ゲーム目は前が狙われ、落としていたのと、カットのネットやサイドアウトなどのミスが目立った。

S3
最初はミスジャッジやアウトで4点連続失点したが、その後、どんどん攻めて点を巻き返した。


〈MC〉
劉・簗場 1(21-14 14-21)1 小井川・小林
野々垣 0(14-21 12-21)2 牛木
山中 1(21-13)0 牛木


七大戦全体の結果は、1勝5敗で六位でした。
応援ありがとうございました。
 
 

七大戦6日目 男子結果

 投稿者:佐川  投稿日:2019年 8月16日(金)08時42分50秒
  報告遅れて申し訳ありません。

名大 3-5 東大


D1 大河内 山田 0(7-21 7-21)2 大森 山岸
D2 菊池 正津 1(21-17 20-22 19-21)2 後藤優 望月
D3 榎本 長谷川 2(9-21 21-18 21-16)1 後藤彗 曽我部
S1 山田 2(21-19 21-13)0 後藤優
S2 菊池 0(15-21 21-21)2 山岸
S3 大河内 2(21-17 21-15)0 服部
S4 正津 0(13-21 13-21)2 大森
S5 長谷川 0(9-21 10-21)2 後藤彗
S6 榎本 (試合なし) 多田

D1
1セット目は相手を動かそうとしていたが、上げ気味になったところを的確に打ちこまれ、差をつけられた。相手のスマッシュに押されていた。また、相手の守備力も高く、こちらが打ち込んでも、拾われ続け、逆にチャンスをものにされていることが多かった。他にも、相手のラリースピードに追い付けないところもあった。

D2
コートの中の選手だけでなく、応援も含めて空回りしていた試合だった。第1セット、全体を通してこちらが優位に進めていた。低いラリーでミスが見られたものの良いコースのショットで攻めのリズムに乗れた。第2セットは序盤、第1セットの良い空気のまま攻めていたが、中盤から相手が低く早いラリー中心の試合運びに変えると、ネットや甘くなりたたかれるシーンが増え土壇場で逆転されてしまった。第3セット、インターバルまでは大量リードを奪うもインターバルあけから低いラリーでのミスも絡み大量失点し、中盤に逆転されるとそのまま敗れた。

D3
1セット目の前半はミスが目立った。また、相手のプッシュやスマッシュがうまく、素早く突っ込まれて、押されている場面もあった。2セット目はロブのロングアウトが割りと多かったが、全体のラリーとしてはよく、アウトのミスを減らすともっと楽に試合を進められた。2セット目に入るとスマッシュの切れやペア間での動きがよくなった。3セット目も、2セット目の流れに続き、低いラリーに持っていくことができていた。

S1
1セット目はミスも絡んで、点数を取られてしまったが、2セット目は自分の試合ができており、相手に大差をつけることができた。余裕を持っていて

S2
1セット目はカットで相手の体勢を崩してミスショットを誘い、甘く浮いた球を決めることができていたが、速いラリー展開になると得点されることが多かった。2セット目は相手を揺さぶって動かすことはできていたがネットにかけたりアウトになったりなどのミスが続いて、流れを持っていかれて押し切られてしまった。

S3
長いラリーが多く、持久力と我慢が必要な試合だった。そんな中でも、長いラリーをものにすることができておりよかった。相手もスマッシュをしっかりと打ち込んできて点を取られることもあったが、落ち着いて自分のプレーに集中できていた。

S4
1セット目はカットで緩急をつけて上手い形で攻めることができていたが、相手に前後左右に動かされてミスを誘われた。2セット目は速いラリーの中でのミスが増え、クリアのミスをジャッジして得点することができていたが、丁寧に打ちにいきネットにかかることが多くなった。

S5
全体的に相手が攻撃のリズムに乗り続けていた苦しい試合だった。また、ショットの制球が定まらず、バックアウトも見られた。第1セットは粘り強くラリーするもネット際のプレーからロブを上げさせられて打ち込まれるシーンやバックアウトで点を与えてしまうシーンが多かった。第2セットも序盤はせったが徐々に相手の勢いにのまれていき中盤一気に点差をつけられ敗れた。

最終成績は
1勝5敗となりました。
応援ありがとうございました。
 

七大戦6日目 男子結果速報

 投稿者:佐川  投稿日:2019年 8月15日(木)14時29分57秒
  名大 3-5 東大
負けました。

全体の結果
1勝5敗
 

七大戦最終日 女子結果速報

 投稿者:Y.S  投稿日:2019年 8月15日(木)13時32分27秒
  名大VS東北大

1-3で負けました。
 

七大戦5日目 男子結果

 投稿者:佐川  投稿日:2019年 8月15日(木)02時38分39秒
  名大 2-5 京大


D1 大河内 山田 2(21-15 21-13)0 奥村 市川
D2 榎本 長谷川 1(13-21 21-18 19-21)2 紀平 梅本
D3 菊池 正津 0(19-21 17-21)2 井上 織田
S1 西村 0(12-21 13-21)2 梅本
S2 山田 2(21-16 8-21 21-16)1 織田
S3 大河内 1(20-22 21-18 12-21)2 紀平
S4 正津 1(21-19 18-21 18-21)2 千田
S5 長谷川 0(9-21 16-21)2 大園
S6 菊池 (試合なし)井上

D1
ほとんどのラリーでこちら側が攻める展開となり良かった。相手が先に攻めてきたラリーもカウンターで攻め返し、そのまま攻めきることが出来ていた。比較的余裕をもって勝てた。

D2
全体を通して攻めのリズムをつくった方が点を取る展開が続いた。1セット目は相手に攻めきられたり、上げさせられたりする場面があり 、押し切られた。2セット目はネット際のプレーから攻めのリズムに乗りとりきれた。3セット目は終盤に守備にまわる場面が増え、追い上げをみせたが惜しくも届かなかった。

D3
1セット目の前半は、相手が自分たちのプレーに対応しきれていない感じで点数を取れていったが、対応されていくにつれて、点差が縮まっていき、結果的に取られてしまった。試合全体を通して長いラリーも多くありながら冷静に対応していたが、少し焦るとネットにかけたりすることがあった。ただ、次に繋がる良いラリーとなった。

S1
1セット目の序盤からロブとカットを入れ混ぜた攻めができていたが、相手のスマッシュがかなりいいコースに入り、攻めきれなかった印象があった。結果的にセットを取られたものの悪い流れではなかった。2セット目は後半になると1セット目ほどの攻めの形が作れず、徐々に点を取られ始め、勢いで押されてしまっていた。

S2
フェイントを多彩に使ってくる相手だった。1セット目は攻めの姿勢で勢い良く押し通した。2セット目になると風潮のせいか、ロブが深くまで入らず苦戦した。相手のフェイントも入るようになり、それに対してミスが増えた。ファイナルゲームはフェイントにも適応し、攻めの形が作れていた。

S3
相手がスマッシュをコースに積極的に打ってくる相手だったため、守りのリズムが続く試合だった。1セット目は序盤相手の攻めに苦しめられリードを奪われた。中盤から終盤にかけてリードを奪う場面もあったが最後には逆転された。第2セットは守備も安定し、とれたが3セット中盤には、攻めきられる場面が増え敗れた。

S4
1セット目は立ち上がりの連続ポイントで優位に立ち回り、追い上げられながらもセットを取ることができた。2セット目はスマッシュやヘアピンで揺さぶるが、長いラリーになり得点を取られるこlとが多くセットを落とした。3セット目はジャッジミスなどでリードを許すが後半で追い上げて追いつくも勝ちきることができなかった。

S5
1セット目はショットが真ん中に集まってしまい、スマッシュをレシーブしきれずに点を取られる場面が目立った。2ゲーム目にはいると、前後に振る展開を作ることができ、相手のミスを誘うなど、優位な展開にできた。最後は責めきれず落としてしまった。
 

七大戦五日目 女子結果報告

 投稿者:Y.S  投稿日:2019年 8月15日(木)01時29分19秒
  名大VS阪大

D1 辻・山中 2(21-11 21-12)0 伊吹・奥野
D2 八塚・野々垣 0(13-21 9-21)2 竹内・馬場
S1 辻 2(21-4 21-10)0 市来
S2 山中 0(19-21 13-21)2 伊吹
S3 八塚 0(14-21 7-21)2 竹内

1-3で負けました

D1
奥のアウトが多かったが、相手を前後左右に大きく動かせていて、ラリーでは主導権を握っていた。また、体勢が崩されたときのカバーができていた。2ゲーム目は、ミスが多かった。

D2
全体的にドライブやカットが多く、ネットくらいの高さでラリーをしていた。奥や高くにあげて体勢を整える時間をつくったりしてもいいかもしれない。また前衛は触るだけのことが多かったので、もっと攻めてもいい。

S1
余裕な勝ちだった。クロスカットやスマッシュ、ロブがメリハリよく決まっており、相手の中途半端な球をしっかり点にしていた。2ゲーム目は、少しアウトなどのミスがあった。

S2
特にサイドに動かされており、たくさんサイドにスマッシュを打たれてた。また、サイドアウトやカットのネットなどのミスがもったいなかった。クロスにあげようとして中途半端になり、真ん中にあまい球があがって打たれる、というのが何回かあった。

S3
スマッシュのアウトなど、ミスが多く、もったいなかった。追い込まれたときに体勢をたてなおすのをもっと速くしたらいいかもしれない。

〈MC〉
野々垣 12-21  18-21 浅沼
劉・簗場 9-21 6-21 小野・川田
簗場 21-7  米田・藤田・岡
劉・簗場 18-6 浅沼・藤田・岡・米田
 

七大戦五日目 女子結果速報

 投稿者:Y.S  投稿日:2019年 8月14日(水)13時59分43秒
  名大VS阪大

2-3で負けました
 

七大戦5日目 男子結果速報

 投稿者:佐川  投稿日:2019年 8月14日(水)13時48分35秒
  名大 2-5 京大
負けました。
 

七大戦4日目 男子結果

 投稿者:佐川  投稿日:2019年 8月14日(水)00時00分42秒
  名大 1-5 北大

D1 山田 正津 0(15-21 12-21)2 加藤 氏家
D2 榎本 大河内 0(13-21 19-21)2 片沼
D3 長谷川 菊池 1(12-21 21-16 12-21)2 平木 山田
S1 菊池 0(15-21 15-21)2 加藤
S2 山田 2(24-22 21-18) 片沼
S3 大河内 1(18-21 22-20 15-21)2 中島
S4 榎本 (5-11途中打ち切り) 平木
S5 長谷川 (9-6途中打ち切り) 氏家
S6 正津 (試合なし) 山田

D1
試合全体を通して相手に押される苦しい展開が続いた。ネット前での立ち回りなど、相手にロブを上げさせて攻撃のリズムに繋げようとする工夫が見られたが相手を崩しきれず逆に自分たちがロブを上げさせられ攻められる展開が続いてしまった。

D2
1セット目から全体以上に相手のレシーブが固く、得点することが難しい試合だった。スマッシュなどを上手くレシーブされ、最終的に自分たちのレシーブでミスをする展開が多かった。相手の攻めを凌いで相手のミスを誘う展開的に攻めの形を作れていたが、それを作りたかった。

D3
1セット目はミスが重なりあまりいい感じで試合に入ることができなかった。2セット目は、テンポよく試合を進めている場面もあり、セットを取りきることができたが、3セット目では、ネットすれすれのドライブ気味に打とうとしたものを、逆にネットにかける場面をよく見た。また、試合の後半になると、スマッシュがつまりぎみになり、試合を組み立てることができなかった。また、精神面にも課題が残る試合となった。

S1
D3から続けての試合となり、D3での悪い流れがうまく立ち切れず、試合が進んでいってしまった。ミスが連続して、なかなか立ち直れない負の連鎖が続いてしまった。

S2
序盤からラインギリギリを攻め合うタフなラリーが続いた。最初は相手を攻めきることができず、失点してしまう場面が見られたが、こちらが逆にしっかり守りきれば相手がミスをすることがわかり第2セット以降は丁寧にコースをつく我慢強いラリーで得点を重ね勝利を収めた。

S3
1ゲーム目の序盤は速い展開が好きな相手に対して合わせてしまっていた印象があった。そのために、相手の好きな展開に運ばれ、スマッシュを決められる場面が目立った。しかし、2ゲーム目からはロングサーブに切り替えたこともあり、1ゲーム目ほど嫌な展開にはならなかった。ロブやヘアピンを使い相手を前後に振って甘く入った球を打ち込むという綺麗な展開が作れていた。

<MC>
名大-北大
畑野 西村 2(21-11 22-20)0 銀杏 野口
岡崎 小林 2(22-20 16-21 22-20)1 福田 猶明
伊藤 大場 2(21-19 21-18)0 塚田 山本
松本 佐川 (16-20) 鷺坂 山崎
 

七大戦三日目 女子結果報告

 投稿者:Y.S  投稿日:2019年 8月13日(火)23時17分36秒
  名大VS九大

D1 辻・山中 2(19-21 21-13 21-13)1 小田・田中
D2 八塚・野々垣 0(12-21 11-21)2 高宮・中嶋
S1 辻 1(19-21 21-15 14-21)2 小田
S2 山中 1(21-17 20-22 21-23)2 高宮
S3 八塚 0(10-21 5-21)2 田中

1-3で負けました

D1
コースを狙えていて、相手を動かせていた。積極的に攻めれていて、クロスの鋭い球が効いていた。2ゲーム目はカットのネットミスが多かった。

D2
カットをたくさん使えていた。クリアやロブがもう少し奥やサイドにとばせたり、前に落としたあとの前衛をしっかりしたり、後半はカットが読まれて前をはられてプッシュされていたのでドライブでボディを狙ってみたり、したらいいかもしれない。

S1
スマッシュなどでコースが狙えていて、ハーフにきた球はほとんどスマッシュで決めていた。アウトやネット、ジャッジなど、自分のミスが多かったのがもったいなかった。

S2
全体的にサイドのアウトが多く、相手のアウトも結構取っていた(特にバック側)。あと、サーブが時々甘かった。しかし、積極的に攻め、相手を動かせていて、ラリーでは勝っていることが多かった。バック前に落とされたとき、低めにストレート奥に押し込んだのが効いていた。

S3
クリア合戦で相手に動かされていたが、あまりコースを考えずにクリアを返すだけになってしまった。前に落とされたときに対応できないこともあった。せっかくつないだラリーを自分のアウトなどのミスで取られてしまい、もったいなかった。

〈MC〉
野々垣 16-21 山口
 

レンタル掲示板
/150