teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]
あなたも高機能な無料レンタル掲示板を作りませんか?
作成は、こちらから→

 投稿者
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]

スレッド一覧

  1. 足あと帳(3)(管理人)
スレッド一覧(全1)  他のスレッドを探す 

*掲示板をお持ちでない方へ、まずは掲示板を作成しましょう。無料掲示板作成


長編レズビアン小説「由美と美弥子」★2612★

 投稿者:Mikiko's Room  投稿日:2018年 9月21日(金)07時22分32秒 KD106172097071.ppp-bb.dion.ne.jp
返信・引用
  ------------------------------------------------------
「このシチュ見たら、わかりそうなものだけど」
 床に、ただひとり仰向いているのは、ほのかさんだった。
 胴長の上体が延べられた姿は、デフォルメされた絵画にも見えた。
 彼女だけが、輪の中心で仰向いているということは……。
------------------------------------------------------
投稿しました。

「日・月・水・金・土」が投稿日です。

美しき変態たちの宴を、どうぞお楽しみください。

Mikiko’s Room

http://mikikosroom.com/

 
 

『ありさ ミラホスタの夢』 第13話を公開しました

 投稿者:羞恥の風  投稿日:2018年 9月20日(木)18時43分3秒 softbank221075087155.bbtec.net
返信・引用
  いつも『羞恥の風』をご愛読ありがとうございます。
尚、管理人様には貴重なスペースを提供していただき、この場を借りてお礼申し上げます。
『ありさ ミラホスタの夢』第13話(愛と官能の美学 Shyrock様作)を公開しました。

本文抜粋……
「どんな下着を着けてきたのかな?」
「うん、シャイさんが好きだって言ってた色だよ~。しかもヒモ~。じゃ~ん♪☆★☆」
ありさがバスローブの紐を解くと、黒のブラジャーと黒のヒモショーツがシャイの目に飛び込んできた。
「おお!素晴らしい~!」
「セクシー?☆★☆」
「すごくセクシーだよ。それにとても似合っててめちゃくちゃ可愛いね」
「シャイさんに褒められると、ありさすごく嬉しいな~~~♪☆★☆」
「ねえ、ありさちゃん、一つだけリクエストしていい?」

http://shuuchinokaze.red/

 

投稿体験談『性感マッサージ』

 投稿者:愛と官能の美学  投稿日:2018年 9月20日(木)16時24分2秒 KD027089110052.ppp-bb.dion.ne.jp
返信・引用
  いつもお世話になっております。
「愛と官能の美学」管理人Shyです。

投稿体験談『性感マッサージ』
1話読切り 投稿者 みさと

 最近、みさとは試験のストレスが溜まって疲れやすくなりオナニーしてもイケない状態に陥っていました。
 そんなある日、ヘアーサロンで女性雑誌を読んでいると性感エステというお店があることを知り、
さっそくエステに通い始めました。
 そこは、女性専用の性感マッサージ店で雰囲気のいいお店です。
 その日もいつものようにアロママッサージをして貰いに行き、個室へ通されました。
 薄手の紙ショーツ一枚に着替えて待っていると、綺麗なお姉さんがやってきて

を更新しました。
お手隙の時にお立ち寄りください。

http://shy8.x.fc2.com/

 

「恵 快楽出張」更新です

 投稿者:未知の星  投稿日:2018年 9月20日(木)11時54分57秒 ntfksm134149.fksm.nt.ngn.ppp.infoweb.ne.jp
返信・引用
  お世話になってます「未知の星」の赤星です。
今回は、Shyrock様作「恵 快楽出張」第7話をアップしました。

「それじゃ僕の奥義を見せてあげます」
「奥義……?」

 三谷はそうつぶやくと、膣入口を人差し指と中指で探りながら、クリトリスやヴァギナにたっぷりとローションを塗り始めた。

 「あぁっ……」

 鋭敏な箇所を冷ややかな感触が襲う。
続いて、三谷はクリトリスの包皮をゆっくりと押し拡げた。

 「あっ……そこは……あぁ……いやっ……」

お時間に、ゆとりがありましたら、お出で下さい。

http://akahoshi.a.la9.jp/

 

『囚われの女子アナ』 第6話を公開しました

 投稿者:羞恥の風  投稿日:2018年 9月19日(水)21時12分5秒 softbank221075087155.bbtec.net
返信・引用
  いつも『羞恥の風』をご愛読ありがとうございます。
尚、管理人様には貴重なスペースを提供していただき、この場を借りてお礼申し上げます。
『囚われの女子アナ』 第6話(未知の星 赤星直也様作)を公開しました。

本文抜粋……
「よし、次はこれだ!」中野が美樹の背中から抱き付き、淫裂に肉竿を押し込んできた。
「だめ、そんなのだめ…」拒んでも、肉竿が膣を押し広げ、入り込むとピストンを始める。
「気持ちいいよ、最高だな」腰を押さえ満足そうに腰を振り続けるが「撮らないで、お願いです」頼み込んでも浅野はやめず撮り続けた。
その間にも中野が絶頂を向かえ「出すぞ、オ○ンコの中に」美樹の腰を押さえている。

http://shuuchinokaze.red/

 

『全ての者に愛の手を』 第6章(2)を公開しました

 投稿者:羞恥の風  投稿日:2018年 9月19日(水)20時54分50秒 softbank221075087155.bbtec.net
返信・引用
  いつも『羞恥の風』をご愛読ありがとうございます。
尚、管理人様には貴重なスペースを提供していただき、この場を借りてお礼申し上げます。
官能小説 『全ての者に愛の手を』第6章(2)(ひとみの内緒話 ふるふる様作)を公開しました。

本文抜粋……
「あ…あのッ…私に自慰させてください…御主…」
「ストップ。面白くない。」
「え…?」
「もっと、こう、いやらしくって言うか何て言うか…炎之花の中のボキャブラリーを駆使して言ってみろ。」
「…………………ご、御主人様…し、処女を失ったばかりの…私、暁炎之花に…い、いやらしい…オ、オナニーを…させてください…」
「さすがは先生。良い感じだ。さぁどうぞ、してください。」
炎之花はうつ向き顔を赤くしながら、白のブラジャーで包まれた胸を露出し、左手で優しく揉み出す。
淡白なオナニーじゃ俺が満足しないと踏んだのだろう、本来なら隠しておきたい巨乳を露出させた。

http://shuuchinokaze.red/

 

「淫欲の街」更新です

 投稿者:赤星直也のエロ小説  投稿日:2018年 9月19日(水)16時52分55秒 ntfksm134149.fksm.nt.ngn.ppp.infoweb.ne.jp
返信・引用
  お世話になってます「赤星直也のエロ小説」です。
今回は「淫欲の街」第11話をアップしました。

 妙子は見ている前で、唇を重ねたまま美香のネクタイを外し、ボタンも外していく。
上から胸が開いて、スケスケのブラジャーが見えてきた。
「オッパイ、大きいわよ!」興奮気味に叫ぶが(オッパイが大きいからって、何なのよ)黙ってボタンを外して、上着とシャツを脱がせていく。

 すると、上半身が露わになって、スケスケのブラジャーが現れた。
「うわー、色っぽい!」「綺麗だわ、オッパイが!」歓声が上がった。

お時間に、ゆとりがありましたら、お出で下さい。

http://akahosi2.blog84.fc2.com/

 

官能小説『堕ちたアイドル』

 投稿者:愛と官能の美学  投稿日:2018年 9月19日(水)12時59分4秒 KD027089110052.ppp-bb.dion.ne.jp
返信・引用
  いつもお世話になっております。
「愛と官能の美学」管理人Shyです。

官能小説『堕ちたアイドル』
(キーワード:凌辱・羞恥・露出・芸能界)
第14話「2人のデビュー」  赤星直也 作

紐が外されるとドレスが足下に落ちて、絨毛に覆われた股間が現れた。
2人はその股間を撫で合ってから、客の前に両手を後ろにして立った。
「?」観客も意味がわからない。
「ヘアが邪魔なんです、どなたか剃って下さい…」上擦った声で早苗が言う。
「ヘアを剃っていいのか?」
「はい、お二人にお願いします」その声に2人が名乗り出た。
「ホントに、いいんだな?」笑顔で絨毛にスプレーを吹き掛けていく。

を更新しました。
お手隙の時にお立ち寄りください。


http://shy8.x.fc2.com/

 

「放課後の憂鬱」更新です

 投稿者:未知の星  投稿日:2018年 9月19日(水)12時36分33秒 ntfksm134149.fksm.nt.ngn.ppp.infoweb.ne.jp
返信・引用
  お世話になってます「未知の星」の赤星です。
今回は、ジャック様作「放課後の憂鬱」第3章(2)をアップしました。

「高科先輩・・・」
藍は、「もう一人の藍」がそう呟くのを聞いた。そして「もう一人の藍」が、胸を隠していた手の片方を動かすと、ゆっくりと乳首をつまんだ。
「あっ!」
藍の体に電流のようなものが走り、その瞬間「本当の藍」は意志を喪ってしまった。
藍はもっと強く乳首をつまんだ。

お時間に、ゆとりがありましたら、お出で下さい。
http://akahoshi.a.la9.jp/

http://akahoshi.a.la9.jp/

 

長編レズビアン小説「由美と美弥子」★2611★

 投稿者:Mikiko's Room  投稿日:2018年 9月19日(水)07時23分42秒 KD106172097071.ppp-bb.dion.ne.jp
返信・引用
  ------------------------------------------------------
 美弥子は慌てて上体を起こし、身を繕った。
 といっても全裸だから、繕いようもないのだが。
 居並ぶ顔の中には、黒谷さんも浅井さんもいた。
 2人とも、意識を回復していたのだ。
------------------------------------------------------
投稿しました。

「日・月・水・金・土」が投稿日です。

美しき変態たちの宴を、どうぞお楽しみください。

Mikiko’s Room

http://mikikosroom.com/

 

レンタル掲示板
/755